ご確認ください

メロディー譜は、PDFファイルです。
コンビニエンスストアでも印刷が可能です。

伴奏音源+参考音源(Mp3)は、Zipフォルダに圧縮してありますので、
パソコンでの解凍(展開)が必要になります。
(スマホなどではできないと思います。すみません、スマホについては詳しくありません)。


Encoreのメロディ譜・伴奏音源・参考音源

■音程

各曲とも442Hzで制作してあります。

■メロディ譜(PDFファイル)には

作品名、日本語曲名、作曲者名、作品番号などが記載されています。

ブレスの位置は「 ’ 」で 、アーティキュレーションや、指示(Andanteやrit.など)も表記してあります。

■伴奏(MP3ファイル)

伴奏音源は、ピアノ、ハープなどで演奏されています。
演奏会や発表会で、あなたの伴奏としてそのまま使うことができます。

■参考音源(MP3ファイル)

伴奏音源の他にもう一つ、メロディーが入った参考音源があります。

演奏の参考にしてください。譜読みがちょっと苦手な方にもお役に立てると思います。

(音色、ビブラートなどは生演奏のものとは違いますので、奏法・音色などの参考にはなりませんのでご了承ください)

■ブレス(息継ぎ)のお約束

曲が美しく演奏できる位置に「 ’ 」(ブレス記号)をつけています。

もちろん休符(四分休符、八分休符など)でもブレスしてOKです。

伴奏はブレスをしても、演奏の流れを止めないように作ってありますので、

安心してたっぷりとブレスしてください。

また、「( ’ )」ブレス記号を()で囲んであるものは、息が続くようであれば、ブレスせずに演奏してください。

ブレスもメロディのなかの一つの音だとイメージして取ると、演奏を途切れさせないと思います。

■その他には

曲の中にはオクターブ上げて吹くなどの指示があるものもあります。

ずっと同じ高さで吹くよりもさらに表現豊かになると思います。

ぜひチャレンジしてみてください。